2010/5/26 水曜日

☆★ 季節の花だよりと木崎湖地引網と水上トレッキング  ☆★

Filed under: 新着情報 — admin @ 13:47:43

  ☆農具川沿いツツジが見頃になっています。アヤメも咲き始めました♪
>  川沿いの道約2㎞を、鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳を背景にお花を愛でながらお散歩するの
>
>  がおすすめです。
>
>
> ・黒沢高原のカタクリ  見頃過ぎ
>
> ・中山高原の菜の花  見頃
>
> ・農具川沿いのツツジ  見頃
>
> ・ 〃    アヤメ  咲き始め
>
>
>
> *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
>        観光リポーターによる「高瀬入のウワミズザクラ」
> *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
>
>
> ☆今、仏崎から高瀬入りにかけて、ウワミズザクラが見頃を迎えています。
>
>  「上溝桜」と書きます。
>  これが桜?って思われそうですが、バラ科ウワミズザクラ属(新しい分類でサク
>  ラ属から独立しました)の落葉高木です。
>  学名Padus grayana。
>
>  果実は8月ごろ赤色から黒紫色に熟し、食用となります。
>  蕾や種子は果実酒にすると、不老長寿に効く薬酒になると伝えられていて、西遊
>  記の三蔵法師は、ウワミズザクラの種子を捜し求めて旅に出たのだそうです。
>
>  ウワミズザクラは昔から人々の生活と関わりの強い樹木で、古来この材のことを
>  波波迦(ははか)と呼び、材の上面に溝を彫り(和名の由来)、その材を火の中に
>  入れ、亀の甲羅を焼いて、甲羅のヒビの割れ方により、吉凶を占ったりしました。
>
>
>  また、材はとても堅く、地方により金剛桜と呼んだり、鉈柄(なたづか)とか呼
>  ばれ、版木、彫刻材などにも使われたそうです。
>
>
> (記事・画像提供 観光リポーター 鹿田氏)
>
>
>
> *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
>          木崎湖地引網と水上トレッキング
> *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
>
>
> ☆木崎湖は、北アルプスの麓に静かに水をたたえる天然湖で釣りも盛んです。
>  周辺には、塩の道・森城址・信濃木崎夏期大学などがあります。
>  新緑の中、地引き網にチャレンジしたあとは、湖上をモーターボートでお散歩!
>  湖畔を散策(トレッキング)後、お昼には木崎湖鍋のサービスや抽選会などお
>  楽しみがいっぱいです。
>
>
> ■日 時: 平成22年6月13日(日)
>
> ■受 付: 8:00~8:30(ゆ~ぷる木崎湖東側 木崎湖温泉駐車場(無料))
>
> ■解 散: 13:30(予定)
>
> ■参加費: 中学生以上1,000円/小学生500円(保険料含)
>
> ■募集人員:100名(小学生以上:定員になりしだい締め切ります)
>
> ■持ち物:昼食、水筒、雨具
>
> ■申し込み、お問い合わせ先:大町市観光協会 TEL 0261-22-0190
>
>
> ○大町市観光協会HP http://www.kanko-omachi.gr.jp/2010/05/613.html
>
>
>
> ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
> 長野県大町市役所観光課
> 担 当  松澤 まさみ
> 電 話  0261-22-0420
> ファックス0261-23-4660
> ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010/5/18 火曜日

☆★ 鷹狩山 と 季節の花だより  ☆★

Filed under: 新着情報 — admin @ 12:28:04

 H22.5.15白馬村2.jpg

 鷹狩山山頂より.jpg

 瑞穂の桜・白馬.jpg

 霊松寺のドウダンツツジ1.jpg

霊松寺のドウダンツツジ2.jpg

霊松寺のドウダンツツジ3.jpg

 ☆本日の鷹狩山からの展望です。(画像添付)
>  頂上にある「鷹狩山展望公園」では、これから夏にかけて、アザミ、ツルアジサイ、
>
>  オトギリソウ、ニッコウキスゲなど山野草が咲きます。
>  北アルプスの展望とともにお花もお楽しみいただけます。
>  
>
>
> ~~~観光リポーターによる花だより~~~
>
>  今年は気候の関係からか花のつきが今一つで、木が白く染まるほどではない霊松寺
>
>
>  のドウダンツツジですが、日当たりのよい所はんかなか綺麗で、見頃を迎えていま
>
>  
>  す。灯台躑躅と書きます。
>
>  学名Enkianthus perulatus。
>  Enkianthusはドウダンツツジ属。perulatusは鱗片のある、ポケットのような。
>  Enkianthus(エンキアンサス)は、ギリシャ語で妊娠するという意味のenkyosと、
>
>  花を意味するanthosが語源で、花の形から膨らんだ花を意味するのだそうです。
>
>  和名は、枝分かれする形が燈台、燈明台、または結び燈台、燭台に似ていること
>  から「とうだいつつじ」になり、さらに次第に変化していって、「どうだんつつ
>  じ」になったらしいのだけれど、どう変化したのですかね~???
>
>  また、枝分かれする形が、岬に立つ「灯台」の脚の部分に似ていることから
>  「とうだいつつじ」になった、との説もあります。
>
>  別名「満天星躑躅」は、漢名からきたようです。白い花が咲きほころぶさまを、
>  満天の星に見立てたとのこと。この雰囲気は良く解ります。
>
>  なお、1991年2月21日、栃木県の烏山天文台で伊野田繁氏と浦田武氏が、
>  太陽系の中で火星と木星の間にある小惑星の軌道が集中している領域である小
>  惑星帯(アステロイドベルト、asteroid belt)で発見した小惑星に、満天星
>  (6786 Doudantsutsuji)と名付けているとのことです。
>
>  花言葉「節制」「可愛い人」「控えめな愛情」
>
>  (記事・画像提供 観光リポーター 鹿田氏)
>
> ————————————————————————–
>
> ☆白馬村“瑞穂の桜”は5月15日 満開
>  みねかた・夢農場の菜の花は5~6分咲き 見頃は5月20日前後
>  白馬も田んぼに水がはいり 田植え始まる。.
>
>  (記事・画像提供 観光リポーター 恩田氏)
>     
>
>
>     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
>         季節の花だより
>     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
>
> ☆農具川(のうぐがわ)沿いのアヤメがつぼみをつけています。
>  あと1週間くらいすると咲き始めるのではないかと思います。
>
>
> ○中山高原の菜の花  見頃   
>
> ○黒沢高原のカタクリ  見頃
>
> ○黒沢高原のミズバショウ  見頃過ぎ
>
> ○居谷里湿原のミツガシワ  見頃過ぎ
>               例年より花が少ない感じです。
>
>
> ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
> 長野県大町市役所観光課
> 担 当  松澤 まさみ
> 電 話  0261-22-0420
> ファックス0261-23-4660
> ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010/5/13 木曜日

 ☆★ 季節の花だより 黒沢高原のカタクリ ☆★

Filed under: 新着情報 — admin @ 21:57:24

黒沢高原カタクリ1_.jpg

 黒沢高原カタクリ2.jpg

 黒沢高原カタクリ3.jpg

☆大町市の「市の花」でもあるカタクリ。
  黒沢高原のカタクリの花が見頃を迎え始めています。
  カタクリは古名でカタカゴと呼ばれ、堅香子と書きます。万葉集巻18で
  もののふの 八十乙女らが汲みまがふ 寺井の上の 堅香子の花
  と大伴家持に読まれた花ですね。
  百合科で、山野のやや湿った所に群生する多年草です。
  学名はErythronium japonicum。Erythroniumはカタクリ属。
 japonicumは日本の。Erythroniumは、ギリシャ語のerythros(赤)が語源。
 ヨーロッパ原産のカタクリは花色が赤いのだそうです。福寿草もそうだけれど、
 ちょっと想像できませんね。  
  英語ではdogtooth violet。dogtoothとは犬の歯のこと。細い花弁の形を
 犬の歯か犬歯に見立てたのでしょう。violetはスミレのことだけれど、実際には
 ユリ の仲間なので、花のスミレ色を指してるのでしょうか。

  和名の由来は、傾いた籠状の花から。カタカゴ→カタコ→カタコユリ→カタクリと
 なったという説や、葉っぱが栗の葉に似ていることからカタクリとなったという説も
 あります。

  昔はこの根から片栗粉を採っていましたが、今の片栗粉は、殆どがジャガイモの
 澱粉だそうです。
  このカタカゴや、イチリンソウ属、 フクジュソウ、セツブンソウ、ムラサキケマンな
  ど、 早春、他の花に先がけて花を咲かせ、逆にまわりの木々や草がすっかり緑
 になる季節になると、地上から全く姿を消してしまう植物のことを、ヨーロッパでは
 「スプリ ング・エフェメラル(春のはかない命)」とか「エフェメラル・プラント
 (短命植物)」と 呼んでいます。

  花言葉は「初恋」「嫉妬」「情熱」「寂しさに耐える」

 (記事・画像提供 観光リポーター鹿田氏)

     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
         季節の花だより
     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ○中山高原の菜の花  7分咲き~見頃 場所によりばらつきがあるので
            まだ後2週間くらいは十分楽しめそうです。
   

 ○黒沢高原のカタクリ  見頃

 ○黒沢高原のミズバショウ  見頃

 ○高瀬渓谷のタムシバ  まだ咲きそうにありません。
             見頃は下旬くらいでしょうか。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 長野県大町市役所観光課
 担 当  松澤 まさみ
 電 話  0261-22-0420
 ファックス0261-23-4660
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010/5/12 水曜日

 ☆★立山黒部アルペンルート「長野県民感謝月間」と観光リポーターによる雷鳥リポート☆★

Filed under: 未分類 — admin @ 17:28:58

立山連峰.jpg

☆立山黒部アルペンルートは、年間約100万人の観光客が訪れる世界でも有数の
>  山岳観光ルートです。この素晴らしい観光地を地元長野県の皆さまに訪れて
>  いただき、その素晴らしさを知っていただくため、「長野県民感謝月間」が
>  実施されます。
>
> ☆運賃と特典がセットのきっぷ 「長野県民感謝月間マル特きっぷ」を長野県
>  民のみなさまに限定販売!
>
>
>
> ◆感謝月間きっぷ販売期間
>
>   平成22年6月1日(火)~6月30日(水)
>
>   ※きっぷご利用期間は6月30日までとなります。
>
> ◆料金表
>
>   扇沢ー黒部ダム 往復 2,000円   (500円お得)
>
>   扇沢ー大観峰   往復 4,530円 (1,120円お得)
>
>   扇沢ー室堂    往復 7,050円 (1,750円お得)
>
> ◆3大特典
>
>  特典1 扇沢、黒部ダム特定施設のご利用券  
>
>  特典2 扇沢・黒部ダム・室堂の売店(特定商品)の20%割引券
>
>  特典3 信濃大町・寄り道キャンペーン 市内協賛店舗・施設におけるサービス
>      引換クーポン券
>
> ◆ご購入について
>
> 1.長野県民であることを確認できる証明書類(運転免許証、健康保険証など)を
>    ご持参ください。
> 2.上記証明書類をご持参の上、扇沢駅窓口でご提示いただき、現金にてお求めく
>    ださい。(お一人様5枚まで購入可能)
>
> 3.他の割引券との併用、または購入後の払い戻しはできません。
>
>
>
>
> ◆主 催  立山黒部アルペンルートお客様感謝キャンペーン実行委員会
>
> ◆後 援  長野県、信州・長野県観光協会、大町市
>
> ◆お問い合せ くろよん総合予約センター TEL0261-22-0804
>        大町市観光協会 TEL0261-22-0190
>
>
> □大町市HP 観光案内 
>   http://www.city.omachi.nagano.jp/kbn/00149502/00149502.html
>
>雷鳥1_.jpg
>雷鳥2_.jpg
> *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
>         観光リポーターによる雷鳥リポート
> *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
>
> ○「大町市の鳥」であるライチョウ。
>
>  日本アルプスの中で、2,000メートル以上の高山にのみ生息し、国の特別
>  天然記念物に指定されています。
>  ”ゴロゴロ”と鳴くことから、”雷鳥”と名付けられたといわれています。
>
>  キジやヤマドリと同じ仲間なので、飛翔はあまり得意でなく、天敵から身を守
>  るために、夏の雄は黒褐色、雌は茶褐色、冬は純白とみごとに衣替えします。
>
>  この写真は、8月初旬、爺ガ岳中峰付近で見かけた雌です。子どもの行動を少
>  し離れて見守っていました。
>
>  ライチョウについてちょっと調べてみたら、こんな文章をみつけました。
>
>  
>  奇跡の鳥 雷鳥(日本ライチョウ友の会・雲上の羽根代表:森 勝彦氏)
>
>  100万年もの昔の氷河期から生き長らえ、自然環境の変化にたくましく適応
>  してきた反面、近年の人為的な環境変化には大変弱く、絶滅が心配されている
>  鳥がいる。なんたる皮肉であろうか。
>  その名前は雷鳥。別名ニッポンライチョウともいう日本固有種であり、その数
>  わずか3000羽である。
>  中部山岳の高山帯にのみ生息している彼等は、かつて北極圏に生息していた。
>  その後、生息域を日本付近まで拡大南下させたが、後氷期に気候が温暖になる
>  にしたがい高山に取り残されてしまうわけだが、今なお現在に生きつづけてい
>  るという訳だ。その大自然への適応力と生命力の裏には、驚くべき知恵にあふ
>  れた生態が隠されており、まさに奇跡の鳥だ。
>  雷鳥の天敵はおもにワシやタカであるが、その捕食者に対しては全くの無力だ。
>  しかし、彼等の体は羽根の生え変わりによる保護色により守られている。冬の
>  間は純白のマントを身にまとい、夏が来ると全身まだら模様の羽毛となり、再
>  び冬が訪れるとまた神聖なる純白の鳥となる。その変わりようは見事としかい
>  いようがない。また、天敵をおそれ、雨や霧などの視界の悪い日を好んで行動
>  しており、その習性から雷の鳥、雷鳥と名がついたという話しもある。
>  驚くべき生態はそれだけではない。
>  氷点下20℃以下にもなる冬の高山帯の中において、雪と同化しながら生きて
>  いる姿は神秘的である。雪のブリザードの中、登山家も同じくするように雪洞
>  を掘り、身を隠してしのいでいるのである。雪に埋もれクチバシまでが凍りつ
>  いてしまっていたりもするが、それでも生きているというのは凄い。実は雪の
>  中の方が外気温よりはるかに高いことを彼等は知っているのだ。
>  近年、かつてない速度で生物が絶滅を続ける中、雷鳥も例外とは言えないかも
>  しれない。
>  聖域であったはずの高山の開発が進み、多くの人が入山する昨今、雷鳥の生息
>  域が減りつつある。また、最近問題視されている急激な地球温暖化に対して、
>  雷鳥のエサとなる高山植物はそれに適応できないとも言われている。雷鳥にと
>  っても崖っぷち、もはや移動のしようもないのだ。
>  彼等の未来は全て、今後の私達の生き方にゆだねられているようである。当然
>  、私達の未来もそうであるかのように。
>  今こそかつての、ある意味競争的原理から調和と協調にもとづく大自然の原理
>  に返るときではないだろうか。そうした視野に立ち環境等を考えた時、雷鳥と
>  ともに明るい未来が開けるのではないだろうか。
>  (エッセイ使用につき、森勝彦氏の了解済み)
>
>  (記事・画像提供観光リポーター鹿田氏)
>
>
>
>
> ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
> 長野県大町市役所観光課
> 担 当  松澤 まさみ
> 電 話  0261-22-0420
> ファックス0261-23-4660
> ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

♪雪の大谷歩いてきました♪

Filed under: 新着情報 — admin @ 17:19:39
IMG_0056.JPG

ゴールデンウィーク明けの快晴の日・・・

アルペンルートに出掛けてきました。

乗り継ぎもスムーズに進み、お天気にも恵まれゆっくり観光できました。

見て!見て! 絶景続きのアルペンルート

2010/5/7 金曜日

★☆季節の花だよりと第53回針ノ木岳慎太郎祭☆★

Filed under: 新着情報 — admin @ 10:47:40

 H22.5.6]中山高原菜の花.jpg

 H22.5.5中綱湖のオオヤmザクラ2.jpg

   *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
           季節の花だより
    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ☆中山高原の菜の花は一部見頃を迎えていますが、全体的にはまだまだこれから
  (中旬~下旬くらい)になると思います。

 ・中綱湖のオオヤマザクラ  満開

 ・高瀬渓谷 タムシバ  未開

 ・居谷里湿原  ミズバショウ  見頃
    〃    リュウキンカ  見頃
********************************************************************** 
          ☆第53回針ノ木岳慎太郎祭☆★
 **********************************************************************

  ☆ 針ノ木峠開発の先駆者、百瀬慎太郎の名を冠した慎太郎祭は、夏山シーズン
  
  の開幕を告げる開山祭として、その年の安全登山を祈願し、神事、記念登山、
  
  高山植物の観察会などを行います。

  慎太郎祭の参加者には、特別に針ノ木登山口付近までバスでお送りします。
  
  また、おしるこや記念バッジ、スタンプなどが用意されています。

  記念登山をしない方には、高山植物観察などの班を設け、大雪渓周辺で小鳥

  の声を聞いたり、緑の中で森林浴を楽しみながら過ごしていただけます。

 □日  時  平成22年6月6日(日)

 □行  き  自家用車直接扇沢駅、
        もしくは信濃大町駅前午前7時10分発    扇沢行き定期バス(有料) 
 

□受  付  扇沢駅前広場(午前7時30分~午前8時)

 □祭  典  午前9時30分~ 

 □場  所   針ノ木大雪渓

 □記念登山  針ノ木峠

 □閉会式   午後4時予定 解散

 □会 費   1人2,000円(保険料、記念バッジ、山の歌集、おしるこ含む) 
 

□特典、その他
 ・慎太郎祭の参加者は、特別に針ノ木岳登山口付近までバスでお送りします。
 ・天候や残雪などの状況によっては計画の一部を変更することがあります。
 ・記念登山に参加される方は、登山の装備(アイゼン等)が必要です。

 □お問い合せ先  大町市観光協会 TEL0261-22-0190

 □大町市HP 観光案内 針ノ木岳慎太郎祭  
   http://www.city.omachi.nagano.jp/ctg/00148007/00148007.html

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 長野県大町市役所観光課
 担 当  松澤 まさみ
 電 話  0261-22-0420
 ファックス0261-23-4660
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010/5/2 日曜日

□□□□□□□ホテル周辺桜が五分咲き・・・ホテル周辺□□□□□□□

Filed under: 新着情報 — admin @ 12:09:32

05020001.JPG

ホテル周辺は桜と同時に、梅も満開(玄関横)見える山は「白沢天狗岳」

気持ちのよい青空の下、うぐいすもきれいな歌声を聞かせてくれています。

のんびりお散歩してみてはいかがですか?

HTML convert time: 0.127 sec. Powered by WordPress ME