2010/4/30 金曜日

 ☆★季節の花だよりと信濃おおまちまちなかギャラリー☆★

Filed under: 新着情報 — admin @ 14:05:43

観光道路のサクラ4-28-2.jpg

 観光道路のサクラ4-28-2.jpg

 居谷里湿原4-28.jpg

 ☆信濃大町のまちなかで、木工・陶芸・染織など地元工芸作家の作品展示販売
 が行われています。GWにお越しのお客様にもまちなかへ足を運んでいただけ
  ればありがたく存じます。

  ■信濃おおまち街なかギャラリー

 ■開催日時  4月23日(金)~5月30日(日) 10:00~18:00

 ■会  場  大町市市街地の6店舗
        わちがいギャラリー/市野屋特設ギャラリー/塩入家具/カウベル立田屋
        お菓子司柴田/いーずら大町特産館

 ■主  催  麻倉婦プロジェクト推進の会・安曇野クラフトの会

   *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
           季節の花だより
   *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ☆大町公園のサクラと観光道路のサクラは、8分咲き~満開です。
  明日から満開・見頃になると思います。
  中綱湖のオオヤマザクラは、まだつぼみで開花していません。
  見頃は1週間ほど後になるのではないかと思います。

 ・大町公園サクラ  8分咲き~満開

 ・観光道路のサクラ    〃

 ・大黒町のシダレザクラ  満開

 ・中綱湖のオオヤマザクラ  つぼみ

 ・居谷里湿原  ミズバショウ  見頃

 ・黒沢高原  残雪あり、GW中にミズバショウは見られそうにないです。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 長野県大町市役所観光課
 担 当  松澤 まさみ
 電 話  0261-22-0420
 ファックス0261-23-4660
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010/4/29 木曜日

☆★ 季節の花だよりと黒部ダム ★☆

Filed under: 未分類 — admin @ 11:18:24

 観光道路のサクラH22.4.25.jpg

00455.jpg

大町山岳博物館H22.4.25.jpg

☆ 昨日に続き今日も朝から晴天で、サクラの開花も進みそうですね。今週
   からゴールデンウィークにかけて、サクラやミズバショウなどの花々が
   楽しめます。 (今朝のサクラ画像添付)

 ・大町西小学校のサクラ 5分咲き

 ・大町公園のサクラ  2~3分咲き

 ・観光道路のサクラ  3~4分咲き

 ・大黒町のシダレザクラ  見頃

 ・中綱湖のオオヤマザクラ  つぼみ

 ・居谷里湿原  ミズバショウ  見頃

 ・宮の森自然園  ミズバショウ  見頃

     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
           水仙と北アルプス
     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ・市役所の北西あたりの高根町の農道や水路沿い、あぜ道などには、
  農家の皆様のご努力で、その季節の素晴らしい花々が咲いています。

  今は水仙が見ごろ。天気の良い日は、北アルプスとの共演が素晴ら
  しいですね♪

  ギリシア神話にはこんなお話しがあります。
  エコーという妖精が、ある事情からヘラの怒りを買い、自分からは
  なにも話せなず、人の言葉をオウム返しにすることしか出来ないよ
  うにされてしまいます。
  このエコーはナルキッソスという少年が好きだったのだけれど、ナ
  ルキッソスは自分の美しさにしか興味が無く、エコーは見向きもさ
  れません。悲しんだエコーは消えてしまい、今ではエコー(こだま)
  という名前のみが残るだけです。

  さて、ナルキッソスはそれからも求愛を断り続け、やはりふられて
  しまった復讐の女神ネメシスによって「自分自身を愛する」呪いを
  かけられてしまいす。

  ナルキッソスがある日水を飲もうと池に顔を近づけたとき、水面に
  写る自分の美しさの虜になって、自分の姿に見とれ続けるようにな
  り、やがて彼の姿は消え、そこには水面に写る姿を見つめるように
  咲く水仙が残るばかりでした。
  そんなことからナルキッソスはナルシストの語源になっています。

  こうしたお話から来ているのでしょうね。この花が意味したり象徴
  するものは、冷たさ。自己愛。愚かさ。己の姿を絶えず見つめてい
  る人。キリスト教によると、罪を支配する神の愛。死を支配する永
  遠の生。利己心を支配する犠牲。

  またこの植物は、冥界ハデスあるいは冥界の神プルートに捧げられ
  ていたことから「美しい若者の死」または「新たな生に先立つ衰亡」
  を意味するとか。

  このようないわれがある水仙だけに、花言葉も「うぬぼれ」「自己
  愛」といった、ナルシストらしい意味があります。
  しかし色によっては「気高さ」「もう一度愛して」(黄色い花の場合)
  といったものや、品種によって「いつまでも待つ」「報われぬ恋」
  「持って生まれた素質」(ラッパ水仙)
  「優しい追憶」(笛吹水仙)「詩人の心」(口紅水仙)
  「思い出」(糸水仙)「田園の幸福 」(八重咲水仙)
  などというものもあるようです。水仙を贈る場合は、細心の注意が必要ですね。

  其のにほひ 桃より白し 水仙花  松尾芭蕉
  水仙や 白き障子の とも映り   松尾芭蕉
  水仙や 寒き都の ここかしこ   与謝蕪村

 (記事・画像提供 観光リポーター鹿田氏)

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 長野県大町市役所観光課
 担 当  松澤 まさみ
 電 話  0261-22-0420
 ファックス0261-23-4660
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

H22.4.25黒部ダム2.jpg

H22.4.25黒部ダム1.jpg

☆黒部ダム

  17日にアルペンルート全線開通の後1週間が過ぎ黒部ダム周辺も雪解けが進み
  黒部ダム湖の水量も順調に増えています。
  雪解けが進んでいるといっても24日にはダム周辺では1 2cmの降雪があり
  春といってもまだまだ冬の世界です。

 (記事・画像提供 観光リポーター 黒木氏)

☆オハツキイチョウや紅葉が美しい事で知られる霊松寺の「春の内部拝観」が
  行われます。本堂内にある「鳴き龍」や「庫裏」などご覧いただけます。
  ドウダンツツジの白い可憐な花がちょうど見頃になるでしょう。
  
 「鳴き龍」 龍の下で手をたたくと龍が鳴きます。
  
  「庫裏」 善光寺地震後、嘉永年間の作。
       間口10間、奥行20間(200坪)、屋根坪600坪。
       大きな梁が見事です。

  「山門」 嘉永5年建立 見事な彫刻により平成5年長野県宝に指定される

 ———————————————————————–

 ■霊松寺 春の内部拝観

 ○期 間    平成22年5月8日(土)~23日(日)

 ○ご案内時間  午前9時半くらい~午後3時半くらい

 ○拝観料  無料
    ※ただし、強制ではありませんが、屋外トイレ等環境整備のためのご協力を
     お願いしています。

○予約拝観をご希望の方は 霊松寺 0261-22-0377までお申し込みください。

 ————————————————————————

  霊松寺HP
   http://www.reishoji.jp/mainpage.html

  大町市観光案内 霊松寺
    http://www.city.omachi.nagano.jp/kbn/00151004/00151004.html
  

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 長野県大町市役所観光課
 担 当  松澤 まさみ
 電 話  0261-22-0420
 ファックス0261-23-4660
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログを書くならBlogWrite

2010/4/18 日曜日

☆★ アルペンルート全線開通 と 写真展のお知らせ★☆

Filed under: 新着情報 — admin @ 14:42:16
黒部ダム2.jpg

黒部ダム1.jpg

 yukinoootani.jpg

☆立山黒部アルペンルート扇沢ー立山間が全線開通しました!
  今年の雪の大谷の壁は15メートルです。

  取材時はあいにく視界が悪かったのですが、15メートルは5階建てのビル
  の高さと同じとのこと、観光客の皆さまもその高さにびっくりされていま
  した。

      *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
        大町市の撮影ポイント写真展
      *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ☆扇沢総合観光案内センターで「大町市の撮影ポイント写真展」が今年も
  開催されています。

 ■大町フォトマップギャラリーKIRA
  「大町市の撮影ポイント写真展」

 ■開催日時 4月10日~11月30日 9時~16時

 ■開催場所 扇沢総合観光案内センター3階

 ■主  催 大町映像文化財を残す会

 ■共  催 大町市

  この写真展は、大町の風物を記録した8ミリフィルムなどの映像をデジタル
  化して保存・上映することを通じて映像文化財の保存・活用に取り組んでい
  る「大町映像文化財を残す会」が、平成21年度大町市きらり輝くまちづく
  り事業の助成金を活用し、市内の写真愛好家の皆様からご提供頂いた風景や
  社寺仏閣、お祭り、野生動物などの写真を、床に描いた大町市の略図の上に
  配置し、市内のどのあたりからどのような風景が見られるかが分かるように
  構成されています。
  観光客の皆様に、大町市の四季を通じた魅力をご紹介し、御再訪いただける
  ことを切に願うものです。

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
         季節の花だより  ~雪の中の踊り子たち~
    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ☆「姫踊り子草」と書くヨーロッパ原産のシソ科の2年草で、大変に繁殖力が強く、 
 
道端や庭などによく生えていて、どこでも見かける花ですね。
 学名Lamium purpureumの Lamiumはオドリコソウ属のことですが、ギリシャ語の
 laipos(のど)が語源で、葉の筒が長くてのど状に見えることに由来するとの説が
 あるそうです。
 purpureumは「紫色の」という意味で花の色からきているらしいのだけれど、白花
 もありますね。
 踊子草に似ていて、より小さいことから姫の名がついているとのこと。
 日本には明治時代中期に帰化したそうです。

 花言葉は「愛嬌」「春の幸せ」

 (記事・画像提供 観光リポーター 鹿田氏)

HTML convert time: 0.094 sec. Powered by WordPress ME